ホーム ≫ 30代の肌ってどんな肌?将来の美肌を作るために今、しておくことは?30代に指示されているオールインワンジェルは何?

30代の肌ってどんな肌?将来の美肌を作るために今、しておくことは?30代に指示されているオールインワンジェルは何?

どんな夜更かししても、寝れば翌朝にはすっかり元の肌に復活していた20代。そんな20代を得ての30代は、いったいどういう肌になのでしょうか。

次の年代でも美肌を維持するために、30代の肌の状態を知って、心がけておくこと、この年代におすすめのオールインワンジェルを紹介します。

~ 目次 ~
1.30代の肌ってどんな状態?これからどうなっていく?
2.30代の肌にあったオールインワンジェルの選び方
  -セラミド
  -ビタミンC
  -プラセンタエキス
3.美肌をつくるためにしておくこと!30代が見落としがちなケア
4.30代に人気のあるオールインワンジェル
  -シズカゲル
  -トリニティーライン
  -メディプラスゲル
5.まとめ

1.30代の肌ってどんな状態?これからどうなっていく?

30代

25歳過ぎた頃から、ニキビが消えなくなったり、毛穴が目立ちやすくなったり・・・肌の悩みを感じやすくなるように。くすみなど気になる年齢へと差しかかると、肌の変化を徐々に感じるようになり、20代と比べると化粧のノリが変わってきます。そして30歳を過ぎると「肌の曲がり角」といわれるようになるのです。

主な原因としては、血行不良、肌の乾燥やオーバーターンが挙げられます。紫外線対策をしようと思ってもすでに色素沈着がはじまり、シミやそばかすなどができやすくなる年齢であることも関係しています。

年代的に仕事が忙しくなってホルモンバランスなどが崩れることで、体内のコラーゲンが減少し、肌のハリや潤いも衰えてきたりする場合もあるのです。

特に顕著なのは「肌の乾燥」。紫外線などの刺激から肌を守る、角質層のセラミドが減少することで肌はどんどん乾燥します。セラミドは肌の潤いの代名詞。それがなくなり、乾燥してくるとかゆみが出たり、赤くなるなど保湿機能は一気に低下します。それが30代の肌に起こりがちなシナリオなのです。

30代のもうひとつの問題は、回復力の衰えです。今まではすぐに回復していたものも時間がかかるようになります。皮脂の分泌量も低下し、肌の老化が進む時期。

だからこそ、それまで保湿ケアが重要です。すべては保湿力をどれだけキープするか。保湿の力がアップすると肌の血行もよくなるので、肌の修復がぐんぐん進むのです。そこへさらにマッサージなども行うことで効果も増大。これらすべての要素をひとつで補うオールインワンジェルは、リンパマッサージにも最適なアイテム。むくみ予防に愛用する人も多いのです。

今まで気にならなかった部分が気になるようになるのが30代の現実です。ではそれが解消するためにどんなスキンケアをすればいいのでしょうか。

2.30代の肌にあったオールインワンジェルの選び方

30代になると「保湿効果が高い」ジェルを選ぶのがオススメです。

保湿成分の高いものとしては、ヒアルロンサンやセラミド、コラーゲンなどが重要になります。乾燥対策にも保湿成分が配合されているオールインワンジェルを選ぶのが大切です。

ハリや弾力がないのを戻したい場合には、「エイジングケア」が含まれているものを選びましょう。ビタミンC・Eやコエンザイムなどのエイジングケア成分が含まれているものを選びましょう。余計な添加物などが入ってないものであること。

オールインワンジェルは毎日使うものなので、あまり高いものは長続きしません。コストがかかりすぎるのも問題なので、続きることができる価格のものを選ぶようにしましょう。

オススメのオールインワンジェルの有効成分には、次のようなものが含まれているものを選んでください。

セラミド

セラミドは肌の角質層の成分です。肌は水分を角質層にためることができます。セラミドが減少すると保湿力が低下して、乾燥肌になりやすくなります。セラミドが含まれているものを選ぶと保湿した肌の水分を保つことができるのです。

ビタミンC

ビタミンCには、シミやそばかすなどの予防になるんです。ビタミンC誘導体は、シミやそばかすなど美肌効果を期待することができます。ビタミンC誘導体が配合されたオールインワンジェルを選ぶようにしてみましょう。

プラセンタエキス

プラセンタにはアミノ酸が豊富に含まれているんです。肌を若返らせてくれる作用や効果があります。美白効果もあるので、プラセンタエキスが含まれているものを選ぶことが大切です。

3.美肌をつくるためにしておくこと!30代が見落としがちなケア

まずは、紫外線対策をしっかりと普段からしておくことです。少しの油断がシミやくすみなどを作ってしまいます。紫外線対策は自宅の外でも中でもしておきましょう。日焼け止めクリームは生活パターンによって使うことをおすすめします。

生活シーンによって紫外線の量は変わってきます。屋内か屋外かの違いもそうですし、買い物にいく、散歩する、アウトドアで遊ぶなど場所も時間帯にもバリエーションがありますよね。それぞれの場所に合わせてUV効果の違うものを選んでつかうべきです。

そしてターンオーバーを高めることで美肌をつくること。そのためにはコラーゲンを増やすケアをしましょう。まずは、日々の生活習慣を見直し、食事内容のバランスをとるようにしてください。とくにビタミンやミネラルを意識して肌にも栄養分を行き渡らせるように心がけましょう。

食事のバランスが整っていると細胞が活性化したり、血行が良くなったり、免疫がアップしたりといいことがたくさんあります。ビタミンB群・A・C・Eなどを積極的に摂取しましょう。

そしてスキンケアにおいては「セラミド配合」のものを必ず選ぶこと。セラミドは保湿力を高める作用があるので乾燥肌を感じる人には特におすすめですね。化粧品を変えたらいいと思いがちですが、これが大きな落とし穴です。

セラミドが配合された化粧水であれば、美容液やクリームと併用する。きちんと油分でふたをすることで、集中的にケアすることができます。肌のターンオーバーを正常化させることできれば、シミやシワ、そばかすの改善だけでなく、肌荒れなども解消されたり・・・。結果的に肌の本来の状態を取り戻すことができるんです。

特に夜の入浴後は有効成分の浸透率が高まるので、お風呂からあがったらすぐにスキンケアをしてください。肌の保湿力が高い時に使用することで更に効果が高まります。もし、朝にジェルやクリーム系を使う時は、そのまますぐにメイクをすると化粧崩れの原因になることも。よく見極めて自分の好きな使い心地のものを選びましょう。

ひとつひとつは小さなことでも、継続することで大きな結果に変わります。美肌はちょっとした努力で簡単に取り戻すことができるんですよ。そんな美肌を作るためのまさに強い味方が「オールインワンジェル」。ストレスなしの簡単なケア、これ1本で肌の潤いを補うことができます。時間も短縮でき、さまざまな効果も得ることができます。潤い重視、シミ対策など強みも多彩。自分に理想の基礎化粧品をみつけてください。

4.30代に指示されている、人気のオールインワンジェル

"ヨクバリ美白"SNSで話題のオールインワン

1 シズカゲル

化粧水

乳液

クリーム

美容液

パック

    比較ポイント

  • 乾燥もシワもシミも同時にケアできるオールインワン
  • 30代から気になりだす毛穴の悩みにも対応
  • 界面活性剤や合成着色料、シリコーンは不使用
  • 30日間モニター調査結果は100%満足
役わり ひとつで5役(化粧水・乳液・クリーム・美容液・パック)
価格 通常価格:1個4,980円(税込)
定期コース:初回2,980円(税込)/td>
内容量 60g(約1ヶ月分)
会社 メリーウェザー株式会社

保湿しても潤いが足りない肌に

2 トリニティーライン

化粧水

乳液

クリーム

美容液

下地

    比較ポイント

  • 保湿化粧品を使っても潤いが足りない肌におすすめ
  • 95%美容成分でできている
  • 大正製薬グループ「ドクタープログラム」が開発
  • ナノカプセル技術で美容成分を届ける
役わり ひとつで5役(化粧水・乳液・クリーム・美容液・下地)
価格 通常価格:1個3,800円(税込)
定期コース:初回1,900円(税込)
内容量 50g(約1ヶ月分)
会社 ドクタープログラム株式会社

乾燥ちがちな肌に!潤いを閉じ込める!

3 メディプラスゲル

化粧水

乳液

クリーム

美容液

下地

    比較ポイント

  • 66種類の美容成分を1本の凝縮
  • 肌摩擦ダメージを軽減して肌をいたわる
  • 敏感肌にも使えるように、防腐剤は不使用
役わり ひとつで4役(化粧水・乳液・クリーム・美容液)
価格 通常価格:1個3,996円(税込)
定期コース:初回2,996円(税込)
内容量 180g(約2ヶ月分)
会社 株式会社メディプラス

5.まとめ

30代の女性は、仕事に家庭に忙しいものです。ストレスも溜まりやすく生活習慣も乱れやすくなる年代ですよね。

ちょっとしたストレス発散での飲みすぎ・食べすぎなども肌荒れなどの原因になります。肌のトラブルはなにより最小限にとどめて、忙しい中で少しでも簡単にお手入れをしたい。そして何歳になってもキレイをキープしたい。それはスキンケア選びを見直すことで可能です。たくさんの女性が楽しみながら美しい肌を保つために、少しでも参考にしてもらえたらと思います。