ホーム ≫ オールインワンは「ジェル」だけじゃない!「化粧水・乳液」タイプのオールインワンのメリット・デメリットとは

オールインワンは「ジェル」だけじゃない!「化粧水・乳液」タイプのオールインワンのメリット・デメリットとは

オールインワン化粧品と聞くと、「ジェル」を思い浮かべる人が多いと思います。

オールインワンジェルとは、化粧水、乳液、美容液、クリームなど4~7つの機能がひとつになったゲル状の化粧品のことです。朝晩のお手入れがひとつで済むので忙しい女性のお助けアイテムとして大人気。プルプルのジェルタイプはよくTVショッピングや新聞広告でも紹介されていますね。

油分を多く含まないので、さっぱりとしたテクスチャーが特徴です。

オールインワン「ジェル」が多い中、じつは「化粧水」や「乳液」、「クリーム」タイプもあるのです。

ここでは「化粧水」・「乳液」タイプがどのようなものなのか、ご紹介していきましょう。

~ 目次 ~
1.オールインワンジェルとオールインワン化粧水・乳液って、どう違うの?
2.オールインワン化粧水・乳液が向いている人はどんな人?
3.自分の肌に合ったオールインワン化粧水・乳液とは?どう選べばいい?
4.他のスキンケア化粧品と併用する場合のつける順番は?

1.オールインワンジェルとオールインワン化粧水・乳液って、どう違うの?

オールインワン「ジェル」とオールインワン「化粧水」・「乳液」も、1本で4~7つの機能を兼ね備えているのは同じです。

化粧液、乳液、保湿美容液、クリーム、下地などの役割がひとつで済むので、洗顔後のお手入れが楽になり、時短だけでなくとても経済的です。

では、「ジェル」タイプと「化粧水」タイプや「乳液」タイプはどう違うのか?

特徴のひとつとして、化粧水や乳液タイプは「水分と油分のバランスに優れている」ことがあげられます。ジェルでもクリームでもない、「水分による潤い」と「油分による保湿」のどちらも兼ね備えていると言えるのです。乳液や化粧水タイプは、一本で肌の潤いバランスを整えてくれます。

ジェルタイプのようにさっぱりしすぎることもなく、クリームタイプのように油分が多すぎることもないバランスの良いオールインワンとしておすすめです。肌にすっと入っていく馴染みの良さもいいですね。 ただ、乾燥がすごく気になる肌の方には、潤いが足りない感じがするかもしれません。そんな方にはクリームタイプのほうをおすすめいたします。

オールインワン化粧水・乳液のメリット

  • 水分と油分のバランスに優れているので肌の潤いバランスを整えてくれる
  • 肌への浸透が早くなじみが良い

オールインワン化粧水・乳液のデメリット

  • 乾燥肌の人には潤いが不足気味に感じる

2.オールインワン化粧水・乳液が向いている人はどんな人?

化粧水や乳液タイプのオールインワンが向いているのは、脂っこい部分と乾燥する部分が混在している、いわゆる「混合肌」の人です。

乳液や化粧水タイプは、クリームタイプほど油分が多くないのでべたつきがなく、かといってジェルタイプほどさっぱりもしていません。Tゾーンはべたつくけれど、目や口のまわり、頬は乾燥するという混合肌の人は、乳液・化粧水タイプを試してみてください。

また、肌質に限らず季節の変わり目は、肌のバランスが崩れやすいときです。気温の変化や湿度差が激しい時期は肌トラブルが起こりやすいものです。そんな「季節の変わり目」のときこそ、乳液・化粧水タイプがおすすめです。油分と水分が入っているので、肌の調子を整えるのに役立ちますよ。

3.自分の肌に合ったオールインワン化粧水・乳液とは?どう選べばいい?

数あるオールインワン乳液・化粧水タイプの中から、自分にぴったりな一本を見つけるのは大変です。ポイントは3つあります。

  • 自分にとって必要な美容成分が入っているか
  • しっかりと保湿してくれるのか
  • コスパに優れているか

肌質はひとそれぞれですので、自分の肌質に合った成分が入っているか、チェックすること。 たとえば、乾燥に効くセラミドや水分をたっぷりと抱え込むヒアルロン酸、ハリとつやに欠かせないコラーゲンなどは代表的な美容成分です。自分の肌に合う成分と、合わない成分がある場合は、そこもしっかり確認しましょう。

乾燥気味の人は、しっかり保湿力があるかどうかは重要ですね。また、どんなにいい製品でも続けて使わなければ効果はありません。続けて買える価格帯であるかも選ぶうえで大切なポイントになります。

4.他のスキンケア化粧品と併用する場合のつける順番は?

オールインワン化粧水や乳液は、それひとつでスキンケアが済むのでとても便利ですが、肌が物足りなさを感じてしまうことがあります。なにか他の化粧品を足してみたいと思ったら、つける順番はどのようにすればいいのでしょうか?

夏のエアコン乾燥や、冬の空気の乾燥で肌の潤いが足りない時、オールインワン乳液や化粧水に他の美容液やクリームをプラスして使っても問題ありません。

その際に気を付けたいことは、つける順番です!大きく2つのルールがあります。

  • 美容液→オールインワン乳液・化粧水
  • オールインワン乳液・化粧水→クリーム

通常スキンケアは、先に水分を与えてから油分で蒸発しないように蓋をするという考え方で行いますよね。オールインワン化粧品も同じです。

美容液のような水分主体のものを先に肌に浸透させて、オールインワン乳液・化粧水でしっかり蓋をします。ただ、かなりの乾燥肌の方は、このあとクリームで油分をたっぷりと補ってから蓋をするといいでしょう。

ひとつで何役もの機能をもつオールインワンは、いまや多くの女性が愛用するものとなっています。 ただ、つかい方を間違えると、その効果も半減してしまいます。

正しい使い方を知って、簡単便利で且つ、肌とお財布に優しいオールインワン乳液・化粧水を毎日愛用してくださいね。

5.化粧水・乳液タイプのおすすめオールインワン

毛用水・乳液タイプのオールインワンをご紹介します。乾燥肌向け、美白向けなどそれぞれ特色がありますので、購入時の参考にしてみてください。

乾燥・エイジング(年齢肌)ならナノクリア!

1 ナノクリア

化粧水

乳液

クリーム

美容液

    比較ポイント

  • 肌のバリア層を破壊せず潤いを残す技術がすごい!
  • ビタミンCの250倍以上の美肌力がある美容成分葉配合
  • 合成着色料や香料フリー!
  • 肌フロータに着目!1本に2億5,000万個の乳酸菌を配合

ハリ・ツヤ・乾燥が気になる肌には「ナノクリア」

年齢とともに低下する肌の水分・皮脂量。だからうるおいを入れたら蒸発させずにキープさせることが大事です。でも、肌のバリア機能が壊れていると、そこから水分が蒸発し、どんどん乾燥肌になるし、外部の刺激で荒れたりしてしまいます。「ナノクリア」は、独自処方で肌のバリア機能を壊さずに、潤いを角質の奥まで浸透させ、閉じ込めます。肌の水分蒸発を防ぎ、ふっくら弾む肌への導きます。

役わり ひとつで4役(化粧水・乳液・クリーム・美容液)
価格 通常価格:1個 7,000円(税抜)
ラクトクコース:初回 980円(税抜)、2回目以降4,980円(税抜)
内容量 50ml 1ヶ月分
会社 株式会社メディアハーツ