オールインワンジェルは、ズボラさんには持ってこい【オールインワンジェル体験談】

50歳前に仕事を辞めてから、出掛けない日はメイクをしなくなりました。最初は肌を休めているんだという気持ちがあったんですが、そのうち面倒だという気持ち変わってきました。

スキンケアさえ億劫に思うようになるのには、そう日は掛かりませんでした。
誰に見せるわけでもないと思うと、身綺麗にしたって仕方がないと思ってしまうんですよね。 もうこの時点で女性を、いえ今は男性でもお肌の手入れする時代ですから、ダメダメですよね。

でも、シミやシワに一番愕然とするのは、鏡を見た時の自分自身なんですよね

誰も自分程念入りに見てくれたりはしません。 

スキンケアやメイクって結局は、誰のためでもない自分自身のテンションやモチベーションを維持するための物なんだと思います。

最初のオールインワンは、返金保証のあるものを

このままではまずいと思って、オールインワンジェルに手を伸ばしたのは、52歳の時でした。

とりあえず、一ヶ月のスキンケア用品代よりも安くなりそうなものを通販物のメディプラスゲルを選びました。


引用:メディプラスゲル公式サイト

たまたま、テレビで見掛けたというのもありますが、返金保証というのがあったのでそれが魅力だったのもありますけど、一番の決めては無香料だということです。

香水は勿論、シャンプーやリンスなどのヘアケア用品などの香りが苦手で、出来るだけ無香料の物を選ぶようにしているので、高級感を打ち出した「優雅な薔薇の香り」なんていうのは情けない話もっての外なんです。

売り場でも香りが確認できないのがあるので、通販で無香料だと言い切ってくれてるのは、私としては有難いです。

肘・膝・踵などの角質ケアにもいけるのがメディプラスゲル

メディアプラスゲルは、1本で2ヶ月使える量だということで、コスパ的には申し分ありませんでしたし、定期的に送って来てくれるのも助かりました。

一応使用量は一回2~3プッシュだと確認して朝晩に使っていたんですが、ほぼ半月使ったぐらいでボトルの残量を見ても、5分の1程しか減っていませんでした。

ワンプッシュが少ないのかな?と考えても見たのですが、こういうものはきっちり2ヶ月なくなるものでもなく少し多めに入っているんだろうと思って、それならと夜の湯上りには肘や膝に踵などの角質層にも付けるようにしました。

結果、オールインワンの効果を一番感じることが出来たのは、です。

常日頃何も塗っていないから余計に効果が分かり易かったんでしょうね。

試してみる価値あり!

スキンケアと言えば顔だけと思い込んでいましたけど、ボディローションなんていうのも売っていますから、体にもきちんとスキンケアをしてあげるべきなんですよね、本来なら。

化粧水・乳液・美容液というライン使いさえも面倒だと思っている私にとってボディケアのハードルは物凄く高かったんです。

でも、オールインワンを使うようになって、掌に残った分をついでに…と肘や膝になすりつけけていたところへ、2ヶ月では使い切れないかも?というのが後押しになって、知らない間にボディケアの第一歩を踏み出すことが出来ていました。

美容の大敵は「面倒」という気持ち?

「Aを塗ってからBを塗って、そのあとCを付けて…」なんていう行程が多いとそれだけで面倒になってしまうのは、それこそ女性失格なのかもしれませんが、そこのハードルをクリアできる商品に出会いさえすれば大丈夫なんだということにオールインワンで気付くことが出来ました。

私のように思う人が多いのかどうなのか、スキンケアやメイクにもやたらとこれひとつでOKっていう「時短」物が増えていて、売り場に行けば、選り取り見取りすぎてどれを買えばいいのか分からないぐらい商品が並んでいますから、色々試してみるのも楽しいと思えるようになりました。。