自宅でも旅先でも糀肌くりーむを愛用中【オールインワンジェル体験談】

私は43歳の女性、フリーライターです。

糀肌くりーむとの出会いは、地方の取材を兼ねて実家に帰省した時のことです。取材が思いの外長引いたため、実家に予定よりも長く滞在することになりました。そのため手持ちのトラベル用化粧セットのうち、化粧水と美容液とが底をついてしまいました。困っていた私に母が、自分の基礎化粧品を貸してくれました。それがロート製薬の糀肌くりーむです。

よく伸びる柔らかなテクスチャ

最初はクリームかと思ったのですが、母によると、クリームだけでなく化粧水や美容液の役割も担っているオールインワンジェルとのことでした。早速その日の入浴後に素肌に使ってみたところ、確かに化粧水のようにスルスルと肌に浸透していきました。見た目は白いクリームなのですが、指先ですくい上げてみると、明らかに通常のクリームとは異なっています。ふわふわとしていて軽く、指先には重みどころか、ついているという感触すらないのです。

顔の肌に塗った時も同じで、クリームを塗った時のように膜を張る感じは全くありませんでした。柔らかなテクスチャなので、肌の上に滑らかに伸び、その後すぐに肌と同化する感じです。商品名は糀肌くりーむですが、これはまさに化粧水、と私は感激しました。

美容液やクリームとしての効果もバッチリ!

化粧水は一般的に、肌にスムーズに浸透しますが、保湿効果の持続時間は短めです。そのため塗った後は美容液でさらに保湿成分を補充しつつ、クリームで肌をコーティングしなければなりません。そうすることで肌に保湿成分が閉じ込められ、効果が長続きすることになるのです。

ところが糀肌くりーむの場合は、スッと浸透するにもかかわらず、潤いが続くのです。肌の表面はしっとりサラサラとしていて、本当に美容液を使った後のようでした。そしてその潤いは、別のクリームでコーティングしなくても失われませんでした。翌朝になってもまだ、肌はしっとりとしていたのです。

手軽さに感激

保湿効果の高さも嬉しかったのですが、私は何よりも手軽さに感動しました。普段はスキンケアに、化粧水、美容液、クリームと3種類の基礎化粧品を順番に使っていたので、終わるまでに相応の時間がかかっていました。しかし糀肌くりーむなら、それひとつを塗るだけでスキンケアが終わるのです。糀による美白効果もあるとのことで、私は欲張って顔だけでなくデコルテにも塗ったのですが、それでも合計で5分もかかりませんでした。

取材や家族サービスで自宅以外の場所に宿泊する機会が多い私にとって、スキンケアの時間短縮は、非常にありがたいことです。手間暇がかからないのですから、バタバタとしがちな旅先でもとても便利です。もちろん、3種類もの基礎化粧品を持って行く場合と比べると、荷造りも楽です。

また、3種類の基礎化粧品を順番に塗ると、その分肌には摩擦による刺激が多く与えられます。糀肌くりーむの場合はその刺激が1回で済むので、肌への負担が少ない点も良いと思いました。

リピート決定!2つのタイプを購入

母が貸してくれたものは、チューブタイプの糀肌くりーむでした。しかし調べてみると、糀肌くりーむにはチューブ以外に、大きめの容器に入ったものもあるとのことでした。そこで私は実家からの帰宅後、その両方をインターネットの公式サイトで購入しました。大きめのものは自宅で普段使用して、チューブタイプのものを旅先に持って行くことにしたのです。

2種類の糀肌くりーむのおかげで、現在では自宅でも旅先でも、肌の潤いをキープすることができています。値段も比較的手頃で、大きめのものでも4千円台です。それでいて2ヶ月は使用を続けることができるので、今後もリピート購入するつもりです。