10年以上お世話になっているオールインワンジェル♪【オールインワンジェル体験談】

現在私は34歳で、派遣会社に登録してコールセンター勤務をしています。今や、色々な会社からオールインワンジェルやオールインワンクリーム、ローションなど魅力的な商品が沢山あふれている中、私は10年以上使い続けている商品があります。勤務時間は8時間から9時間程度で残業があればもっと長くなり、職場環境はどちらかというと乾燥しがちなので保湿ケアは、かなりしっかりとするように心がけてます。

たまにドラッグストアや通販などで魅力的なうたい文句に魅かれて購入してみるも、やはりベースとなって使い続けられて安心感があるのはエバメールのゲルクリームです。

肌が弱かった幼少期

子供の頃からアトピー体質で、重症ではないものの乾燥が酷くなると肘や膝の後ろや首などが赤く痒くなってしまったり、顔からも粉ふきが止まらず、皮膚科に通ってもらった薬をお風呂上りに母親にぬって貰うのが毎日の習慣でした。
高校生の17、8歳くらいになった時には、アトピーもかなり落ち着いてきたので、ステロイドを手放すことができました。

とても嬉しかったですが、やはりいつ再発してしまうかという怖さもありながら、まずは基本的な乾燥肌対策をしつつ肌を刺激から守ってアトピーの再発を防ごう!と、とにかく自分で化粧品を選び始めました。

友人のお勧めなども聞いたり情報収集しながら色々手を出すものの全て肌に合わずヒリヒリ、ムズムズ感がおさまらず。 残念ながらアトピーだった部分もしみてしまったり。それを見かねた母親がある日ポンプ式のシャンプーのような物を購入してきて、これが敏感肌やアトピーの人にも使える全部網羅しているんだって!とつたない説明をしてくれ、とにかく全身に足りるように一番大きいサイズのを購入してきたから使ってみろ!と言われました。

それがエバメールのゲルクリームとの出会いでした!

その時代はそんなにオールインワンタイプの化粧品も数多く無かったですし、使った事もないので使い方もイマイチしっくりこないままでしたが、まずゲルクリームを脱衣所に置いてお風呂上りに乾燥す前に直ぐに塗る!を徹底してみると、肌に密着してかなり保湿されている感じがするのと、刺激が全くなかった事に感動した思い出があります。 おそるおそる化粧水を肌に塗ってみて刺激を感じて洗い流す、という事も多々あったのです。

ポンプ式になっていて押すと適量ゲルが出てくるので、蓋を開けて取り出して~という作業が必要無く、容量も沢山入っているという安心感からケチらず何プッシュも取り出して両腕、両足、首、お腹、背中全身と、ピカピカ艶が出るくらいたっぷり使い、顔には一応化粧水を叩いた後にゲルクリームをパール一粒大を手のひらで伸ばして、そっと抑えるように塗ってみました。

その上に服を着るときが、多少ベトッとしてしまうのが気になったのですが自分の肌が極度の乾燥肌なのでこれくらいが丁度良く翌日朝まで潤ってくれる量かな?という量で、夜はたっぷり、朝は出かけ前に体の乾燥が気になる部分に塗って、洗顔後もゲルを塗りお化粧という流れで使うようになりました。今も仕事場に持って行き、化粧直しができず乾燥が気になったら小分けにしたゲルクリームを塗るようにしていますが、時間もかからずに保湿できるので気に入ってます。

母親が買って来たそれ以降は自分で購入し、特別頑張ってスキンケアをしているという感覚もなく自動的に全身を保湿するという習慣が身についたのはオールインワンゲルが面倒臭がりの自分の性格上、簡単で時短で使いやすかったからだと思います。 おそらく化粧水、乳液、クリームと一回一回蓋を開けたり閉めたりという作業を入浴後にするのはかなり面倒なのできっと習慣化する前に断念してしまったと思いますし、そこがオールインワン化粧品の一番嬉しい部分でした。

季節関係なく1年通して使える!

エバメールのゲルはかなり保湿が続く感覚はありますが、冬等に乾燥が酷くなる時はクリームやワセリンで油分をプラスしたりするとかなり良い感じに粉ふきが防止できます。 他、夏の日焼け後の肌には冷やしたゲルを顔にパックして置くとヒンヤリとして火照りも落ち着き保湿もできるので、一年中愛用できています。

自分の肌は不安定なので、他のオールインワンタイプの化粧品も気になりますが、一番重視するのは刺激が少なく安心して使えて保湿が出来るもので充分と考えているので、これからもエバメールのゲルクリームには土台作りとしては活躍していただきたいと思っていて、それにプラスして年齢的に美白やエイジングケアの美容液も取り入れて行きたいなと思っています。